脱毛器で使用可能な肌の色や毛の色を調査|効果なしの理由は…

美容・健康家電
  • 私の肌の色や毛の色って家庭用脱毛器で脱毛できるのだろうか?
  • 家庭用の脱毛器ごとに脱毛できる肌の色や毛の色は違うの?

家庭用の脱毛器が欲しくてたまらないけど、せっかく購入するなら自分の肌の色や毛の色に合う家庭用の脱毛器が欲しい

家庭用の脱毛器のカタログやネットを見ていても、使用可能な肌の色や毛の色のチャート見本って意外に見つかりません・・。

購入して初めてカラーチャートを確認なんて方は多いと思います。

そこで、今回

可能な限り「メーカーごとに使用可能な肌の色や毛の色が載っているカラーチャート」を調査してみました。

調査してた脱毛器メーカーは

  • ケノン
  • ブラウンの脱毛器
  • パナソニックの脱毛器
  • 脱毛ラボホームエディション

の4社

それでは、順番に見ていきましょう。

家庭用脱毛器で使用可能な肌の色や毛の色をメーカーごとに調査

家庭用脱毛器は、肌の色や毛の色・質などにより効果が出にくいこともあります。

  • ケノン
  • ブラウンの脱毛器
  • パナソニックの脱毛器
  • 脱毛ラボホームエディション

で使用可能な肌の色などを調査していきます。

せっかく脱毛器を購入しても効果が出ないと残念だと思いますので、使用可能な肌・毛の色の早見表など確認してから購入を考えてみてください。

ブラウンの脱毛器で使用可能な肌の色や毛の色見本

ブラウンの脱毛器で使用可能な肌・毛の色 早見表

ブラウンの脱毛器は、肌の色や毛の色により脱毛効果が期待できなかったり使用できないこともあるので気を付けてください。参考:ブラウン公式

最新のブランシルクエキスパートの金額確認はこちら↓ ↓

パナソニックの脱毛器で使用可能な肌の色や毛の色見本

写真が見にくい場合は

パナソニックの脱毛器で使用できる肌色の目安を以下の公式サイトで確認してみてください。

【光エステ】使用できる肌色の目安 公式サイト

美容家電といえばやっぱりパナソニックです。

日本製で品質も良いパナソニックの脱毛器であれば安心して脱毛を出来ますよね。

パナソニックの脱毛器の金額確認はこちら↓ ↓

脱毛ラボホームホームエディションで使用可能な肌の色やレベル見本

脱毛ラボホームホームエディションで使用可能な肌の色やレベル見本を探していると以下のサイトで詳しい写真が載ってましたのでご紹介しておきます。

【脱毛ラボホームホームエディション】使用できる肌の色やレベル見本

脱毛ラボホームホームエディションは、にこるんがCMしている脱毛器でケノンと並び今大注目されております。

その理由は、脱毛について知り尽くした、脱毛サロンが作った痛くない脱毛器だからです。

脱毛サロンで培った知識をふんだんに脱毛器に搭載し肌色のカラーチャートなども本体についております。

ユーザー目線の脱毛ラボホームホームエディションの金額確認はこちら↓ ↓

ケノンでお肌の状態に合わせたレベル設定について

ケノンには、使用可能な肌の色見本的なものは見当たりません。

そのかわりにお肌の状態に合わせたレベル設定についてメーカー側が答えております。

参考:ケノン専用AIチャットロボ

ケノンでのレベル設定についてAIに尋ねたところ

以下の答えがでました。

<レベル設定とは?>

ケノンはお肌の状態に合わせて、10段階のレベルからお選びいただけます。
より高いレベルで照射をする事で実感しやすくなります。

多くの製品が5段階設定、あるいは3段階など少ないものもございますが、ケノンはより多くの皆様に安心していただけるように1~10という細かな設定を実現しました。

お肌が強い方は最大のレベル10、弱い方はレベルを低く設定していただく事で敏感肌の方でも安心なんです。

★レベル8~10:お肌が丈夫な方
★レベル5~7:普通肌の方
★レベル2~4:お肌が弱い方
★レベル1:お肌が特に弱い方

日本人の肌質を徹底して研究している日本製ケノンだからこそ、多くの方々に支持され続けている商品なのです。

最初は低いレベルでパッチテストを行っていただき、徐々にレベルを上げていってください。
お肌に刺激を感じる場合は、無理をせずに状態を見ながら行ってください。

参考:ケノン専用AIチャットロボ

ケノンの金額確認はこちら↓ ↓


まとめ

各メーカーごとにわかる範囲で、肌の色チャートや照射レベルについての調査してみました。

脱毛器の中でも、長い間王者に君臨しているケノンについては、肌色チャートなどはなく

照射のレベル10段階までの設定の中で、自分で程よい照射レベルを見つけて設定しないといけません。

その為、口コミの中には脱毛効果がなかったなんて言われることもあり、個人差が生まれてくる原因でもあると思います。

手動で設定できるということは素晴らしいですが、煩わしいし自分にあう目安がいまいちわからないと感じる方もいると思います。

全自動で照射できる機種が良いのか?マニュアルでも効果を求め強い照射も出来る機種が良いのか?

ここをよく理解した上での購入が望ましいと感じます。