エアコンの暖房が効かない!故障なのかそれとも使い方が悪いのか?

エアコンの電気代・水漏れ修理などについて

12月に入り寒さも増してきた今日この頃!!
暖房が活躍する時期に突入しましたね。
この時期多いのがエアコンの暖房が効かないという相談です。

エアコンの暖房が効かないと故障か?というとそうではない場合も多いです。
今回は、エアコンの暖房が効かないときの診断方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

エアコンの暖房が効かない時の簡易診断方法(保存版)

季節が変わり、冷房から暖房に切り替わる時期に起こるエアコンの不具合!!
不思議と季節の変わり目にトラブルが起こってしまいます。
そんなトラブルを事例別に対処方法とともに紹介します。

暖房運転時によくある相談(コール)事例

  • 暖かい風が来ない
  • 変な音が鳴る
  • 急に冷たい風が出てくる
  • 外機の裏に霜がついてる

おおまかにはこの4通りぐらいだと思います
(あくまで暖房運転時に暖かい風が出ないという事例にフォーカスしてます。)

では、この4点についての故障事例を次の項目で紹介していきます。

エアコンの暖房運転時に暖かい風が来ない場合

困ったわ、今日は寒いからエアコン付けたんだけど暖かい風が出てこないの!どうしよう。
そうだわ💡
近くのでんきやさんの電話してみましょう。

こんにちは、○○さん、いつもお世話になります。

今日はどうされました?

寒いからエアコンを付けたんだけど、あたたかい風が出てこないの?
故障かしら?

暖房を使い出したのは今日からですか?

そうよ!今日からなのよ。

暖かい風が出るまで10分ぐらい待ってみました?

 

10分??いまいち何分ぐらいかなんて計ってないから分からないわ!!

じゃあもう一度エアコンの運転をしましょう。暖房運転に切り替わっているのを確認して、温度も30度にして下さい。そして、10分ほどほったらかして、テレビでも見ていて下さい。

 

わかったわ。そうしてみる。

10分後・・・・・。

暖かい風が出てきたわ!どうして!?

年式や機種によって違うのですが、基本暖房運転時は、暖かい風が出るまで5分から10分ぐらいかかります。それを待てずにスイッチを切ったり入れたりするといつまでたっても暖かい風がでないんですよ。

そうだったのね。わかったわ♪もう一度使ってみてまだ調子悪そうだったら電話しますね。ありがとう!

良くなって良かったです。また、悪ければ連絡下さい。

という具合に、意外に多いのがこの事例です。

しかし、上記の方法を試しても、あたたかい風が出ない場合は故障だと思われます。

その場合の故障の原因

  • ガス不足
  • 基板や冷媒系の異常

この2つのケースがほとんどですので使い方の問題ではありません。すぐにでんきやさんに電話して修理してもらって下さい。

 

エアコンから変な音が聞こえてくる

エアコンからごく稀に、ピキ、ミシなどの奇音が鳴ることがあります。
この奇音が何なのかの疑問を解決していきたいと思います。

  • ピキ、ミシという音
  • シャーというビニールが擦れたような音
  • ポコンなどという音

ピキやミシって音は故障なの?

先週新しいエアコンをつけたんだけど、たまにピキとかミシとかの音がするから気になるの!!もう故障しちゃったんかな?電気屋さんに聞いてみよっと。

 

こんにちは、〇〇さん。

今日はどうしました?

 

あのね、この前買ったエアコンなんだけど、夜変な音が鳴るの・・・・。

ちょっと心配になって電話したの!!

音ですか・・・・!?
もしかして、ミシとかパチとかの音じゃありませんか?

そう!!なんでわかるの?

やっぱり!
その音は、エアコンに使用しているプラスチックがなってるんですよ!
特に購入時すぐの時や暖房運転時などの部屋が乾燥した時が多いです。よく新築の家とかで木材が乾燥して跳ねる音(ピシとか)がしますよね。あれとよく似ています。だんだん音は少なくなってくると思いますよ!

そうなんだ!!てっきり故障かと思っちゃった!
よかった。

この音に関しては、たまにお問い合わせがありますので!!
あまりにも大きな音が続くようでしたら、また教えてください。機種によっては、なりやすいものもありますので!!

わかったわ。ありがとう!

このように、今回の音に関しては、故障ではないと思います。
ただ、これとは違う音が出ている場合もあります。次の項目で、故障かもしれない音の事例を紹介します。

ビニールの擦れたような音が、エアコンの吹き出し口から聞こえる

このように、ビニールの擦れた音が吹き出し付近からした場合は、何かが当たっている場合があります。
数年前ですが、某メーカーさんのエアコンでこの症状を確認しました。
この原因は、内部(ファン)の左側付近にビニールみたいなものが引っかかっており、それが擦れる為シャーッという音が出ていました。
メーカーさんに聞いてみるとその機種はたまにそのような事例があるとのことで驚いたのを覚えております。

田舎では、たまに小さな虫などがファンの中にはさまっている場合もありました。

 

ぽこんという大きな音が聞こえてくる!!

このぽこんという音やプシューっという音は、暖房運転時に霜取り運転に切り替わった時の音ではないかと推測されます。
エアコンの暖房運転をしていると、1時間から2時間ぐらいで一度暖房運転が止まります。(止まる時間は、機種、外気温で変わります)その時に出る音だと思います。
ですので、この場合の音は、故障ではないことが多いと思います。

数時間したら冷たい風が出始める(エアコンの外機の裏に霜がたくさんついてる)

エアコンの暖房時に数時間したら冷たい風が出る!
これに関しては、ほぼ故障ではありません。
先ほどの項目で、1時間から2時間ぐらいで一度暖房運転が止まると言っていました。その延長のお話です。
暖房運転時、数時間後に冷たい風が出る原因は、エアコンの仕組みがかかわってきます。少し難しいお話かもしれませんが、エアコンは熱交換をして、冷たい風や温かい風を出しています。

熱交換といっても難しですよね!!
簡単に言うと、エアコンの吹き出し口から冷たい風が出ているときは、外の外機からは、温かい風が出ます。

逆に、エアコンの吹き出し口から暖かい風が出ているときは、外の外機からは冷たい風が出ています。これを熱交換といいます!単純にこう覚えてみてください。

暖房運転時は、部屋の中は温かい風が出ますが、外の外機からはとても冷たい風が出てきています。そのせいで、外機の裏の熱交換器という部品が凍ってしまうのです!!

その部品が凍ってしまうとまずいんです。

エアコンは、自分で判断しその部品が凍らないように指令を出します。
エアコンの吹き出し口から冷たい風を出せ!外の外機は温かい風を出せ!っていう風に!

そうすると、エアコンから冷たい風が出ますよね。

ここが問題なんです。
温かい風がこないから故障したんじゃないかって皆さん思うんですよね。

なぜ?さっきまであんなに調子よく動いていたのにって!

でも、安心してください!!故障じゃありません!!

外機の熱交換器という部品についた氷をとかして故障しないようにしているだけなんです。

 

まとめ

エアコンにまつわるトラブルをご紹介をしてきましたが、暖房運転時の音に関しては、基本的に7対3の割合で正常である場合が多いです!!

故障の場合もありますが、その時は、基本的にエラーが出てタイマーが点滅しちゃいます。エラーに関しては、すぐに購入した店に連絡することをお勧めします。

音の場合は、今回の記事を参考にしてみてください。

でんきやさんを呼ぶと故障じゃなくても見料や出張料がかかりますので、5000円ぐらいは普通はかかると思います。

かかりつけの町のでんきやさんであれば少し安いかも!!(私の勝手な見解ですので流してください)

今回の記事はこの辺で終わります。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

現役でんきやさんの家電情報ブログでは、ネタにしてほしい情報やこの商品よいよなどの情報を募集していますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

コメント