ドラム式洗濯機で脱水する時の振動音がうるさい【防振ゴムで防音対策】

  • 洗濯機の脱水時に振動がうるさくて困っている
  • アパートにドラム洗濯機を設置したら振動がうるさいから防音対策したい
  • 効果のある防振ゴムってどれなのだろう?

ドラム式洗濯機はもちろん縦型の洗濯機でも、設置状況によりますが脱水時に振動音がうるさい時があります。

そんな時は、防振ゴムでの防音対策がとても効果的です。

私も、ドラム式洗濯機を販売していく中でこの振動音に悩まされてきました。

というわけで

今回は、ドラム式洗濯機の脱水時などの振動がうるさい原因・自分で出来る簡単な防音対策について紹介していきたいと思います。

この記事を読むことで

  • 縦型・ドラム式洗濯機の振動音の原因
  • 振動音を軽減させる簡単な対策方法
  • おすすめの防振ゴム(防音)

が分かるようになります。

 

早速ですがでんきやさんが選んだ効果のある防振ゴムをご紹介しておきます。

でんきやが選んだ効果のある防振ゴムはこちら↓↓

洗濯機からの振動が激しくなる【6つの原因】

ドラム式洗濯機の振動音が気になる方は多いのではないでしょうか?

この不快な振動音の原因について紹介していきます。

洗濯機から出る振動の原因は6つ!その原因をまずは見て行きましょう。

 

洗濯機から出る振動の原因

  • 洗濯機の設置が原因
  • 洗濯物の偏り原因
  • 洗濯物の詰め込みすぎ
  • 洗濯物が少なすぎる
  • 家の床が原因
  • 洗濯機の故障が原因

の6つです。

洗濯機の設置・洗濯物の偏り・洗濯物の入れすぎ・洗濯物が少ない」は、防振ゴムや自分の意識次第で改善できるかもしれません!

しかし、

  • 家の構造の問題
  • 洗濯機の故障が原因

の場合は、前の項目で紹介した防振ゴムを敷くことにより、振動や音が少しは軽減したとしても根本的に直さないと厳しいかもしれません。

では、順番に見て行きましょう。

 

洗濯機の設置が悪い

洗濯機を購入後すぐに大きな音や振動が出る場合もあります。

その時は、洗濯機の設置が原因(傾き)の場合が多くみられます。

 

この洗濯機の設置が原因で大きな音や振動が出ている場合は、結構簡単に直すことができるので安心してくださいね。

 

洗濯機をまっすぐに設置してあげれば良いだけです。

洗濯機の傾きを直す方法については、シャープさんのサイトに詳しく掲載されていますのでそちらをご確認下さい。

洗濯機の傾きを直す方法

 

ただ、洗濯機購入後すぐに大きな音や振動がする場合は、購入したでんきやさんに連絡してください。

よっぽどの原因がないかぎり無料で設置直しをしてくれます。

 

洗濯物が偏っている

洗濯機に入れた洗濯物がまとまってしまうと、洗濯物が偏り脱水時や乾燥時にがたつきが生じる場合があります。

例えば

  • バスタオルやシーツな大きな洗濯物
  • 下着やハンカチなどの小さな洗濯物

これらを一緒に洗うと洗濯物が偏ってしまうことがあります。

原因は、バスタオルやシーツなどの大きな洗濯物が下着やハンカチなどと絡み、洗濯物がボール状態になるからです。

洗濯機内にバスケットボールを入れて脱水しているのと同じような状態になりガタガタと大きな振動が起き、エラーU-21(パナソニックのドラム洗濯機など)アンバランス異常で洗濯機自体も止まっていたりします。

対策方法としては、エラーで止まっている時に洗濯機の蓋を開け、衣類が丸まっているようなら一度絡まりを説いてあげ、もう一度続きから洗濯してあげると問題無いです。

偏りに関しては、「縦型・ドラム」どちらも同じ対応でOKですよ。

 

洗濯物の詰め込みすぎが原因

洗濯物を詰めすぎるとドラム式縦型共に振動が激しくなります。

洗濯機の洗濯可能重量を超えないように気をつけて下さい。

詰め込みすぎは、洗濯機時の振動が大きくなるので要注意

 

洗濯物が少なすぎる

意外なのですが、洗濯物が少ない場合(バスタオル1枚のみ)も縦型の洗濯機では、異音や振動の原因になります。

一人暮らしで毎日少しだけ洗濯するという場合も気を付けて下さい。

衣類が少ないときは、故意的にバスタオルを余分に1枚入れるなどすると良いですよ。

 

床がぶかぶかしている

家の床がぶかぶかしている場合は、床が悪くなっている可能性大です。

柱自体が悪くなっていたり、シロアリが入っていたりといろいろですが、この状態で洗濯機を使うと高確率で脱水時などに激しい音がしたりエラーがでて止まったりしてしまいます。

 

洗濯機が故障している

洗濯機が激しく振動しエラーを出して止まってしまう時は、本体が故障している事もあります。

U○○ とか であれば、衣類の偏りの可能性もありますが、E○○のエラーの場合は、洗濯機の部品「メカケースや防振軸」などが悪い可能性大です。

 

激しい振動やエラーが頻繁に起る場合は早急にメーカーもしくは、購入した電気屋さんにご連絡してみてください。

関連記事:洗濯機から出る異音の原因・修理依頼した方が良い音は?

 

【洗濯機の防音対策】振動を軽減させる方法

この項目は、自分で振動や音を軽減(防音対策)してみたいという方に

  • 自分で出来る洗濯機をまっすぐ設置する方法
  • 洗濯機に防振ゴムを敷き込む

の2つにわけて紹介していきます。

自分で出来る洗濯機をまっすぐ設置する方法

洗濯機には、水平を図るための水平器がついてます。

縦型であれば蓋を開けたふちの部分だったり、ドラム式であれば天板についてますので確認して下さい。

その水平器を使いまっすぐにしてあげればOKです。

冒頭でもご紹介しましたが

洗濯機の傾きを直す方法については、シャープさんのサイトに詳しく掲載されていますのでそちらをご確認下さい。

洗濯機の傾きを直す方法

 

洗濯機に防振ゴムを敷き込む

脱水時や乾燥運転時の振動が激しい時に自分で出来る防音対策は、洗濯機の足に防振ゴムを敷くことでこれが一番楽ちんで簡単です。

防振ゴムを敷き込んで振動や音が軽減できるのは、エラーの出ない位の振動(音)などになります。

 

洗濯機自体がエラーを起こすような激しい振動を伴う時は、防振ゴムを敷いてもよくなりません。
この場合は、洗濯機の故障や床の不良も考えられますので、洗濯機を購入したでんきやさんなどに相談してみて下さい。

 

【でんきやさんが選んだ】本当に効果のある防振ゴム

ネット上には、様々な防振ゴムがありいろいろショップで販売をしています。

この無数にある防振ゴムですが、ほんとうに効果のある防振ゴムというのはごくわずかです。

 

私もドラム洗濯機の振動音に悩みいろいろな防振ゴムを購入して試してみたのですが、ほんとに効果があったのは数点・・。

 

今回は、いろいろな防振ゴムを試し一番効果のあった防振ゴムを紹介しておきます。

 

でんきやおすすめの防振ゴムは これ ↓ ↓ です。

 

≫本当に効果のある防振ゴムを見たい方はこちらをクリックまたはタップ

 

ドラム洗濯機の横揺れで起こる振動に困り果てている方には特に有効な商品です。

いろいろな防振ゴムを買っては付け、時には組み合わせて見たりもしました。

この防振ゴムであればかなりの確率で振動が軽減されます。

これに出会ってから、洗濯機の振動トラブルにも簡単に対処できるようになり、気が楽になりました。

防振ゴムを敷き込むにあたり注意点

ドラム式洗濯機はとにかく重たいので、防振ゴムを引き込む時は必ず2~3人で設置を行って下さい。設置の際は予期せぬトラブルもつきものですのであくまでも、自己責任でよろしくお願いいたします。

洗濯機の音がうるさい時原因と対策方法:まとめ

今回の記事では、洗濯機の音がうるさい時原因と対策方法について紹介していきました。

洗濯機から出る音や振動には、必ず原因があります。

その原因は、大きく分けて

  • 洗濯機の設置が原因
  • 洗濯物の偏り原因
  • 洗濯物の詰め込みすぎ
  • 洗濯物が少なすぎる
  • 家の床が原因
  • 洗濯機の故障が原因

の大体6つでした。

自分で振動や音を軽減(防音対策)してみたいという方には【でんきやさんが選んだ】本当に効果のある防振ゴムをおすすめします。


≫本当に効果のある防振ゴムを見たい方はこちらをクリックまたはタップ

 

 

と言うわけで、最後まで見て頂きましてありがとうございます。

参考になったよって方は、記事作成の励みになりますので、シェア-又はブックマークを是非よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました