次世代住宅ポイント制度とは?住宅リフォームでお得に対象家電をGET!

お得な制度施策・住宅ポイント制度

次世代住宅ポイント制度ってどんな制度かご存知ですか?

この記事では、2019年より実施が決定した。

次世代住宅ポイント制度の概要、対象の家電製品なども簡単に説明していきます。

新築を考えている方、住宅のリフォームをお考えの方、それ以外の方も2019年政府が力を入れている次世代住宅ポイント制度(補助金)のことを知っていただきたいと思います。

スポンサーリンク

次世代住宅ポイント制度とは?

次世代住宅ポイント制度について下記の項目でご紹介していきたいと思います。

  • 次世代住宅ポイント制度とは?
  • 新築や住宅リフォームでお得に対象家電をGET!
  • 次世代住宅ポイント制度の概要などのもっと詳しく知りたい方は、国土交通省のHPを!!
  • まとめ

対象になる住宅は?

次世代住宅ポイント制度とは、

住宅の新築、分譲住宅の購入、リホーム工事などをする場合にポイントが付与されるという制度です。その付与されたポイントを使い省エネ商品や健康関係の商品などと交換することが出来ます。

簡単に言うとこんな感じになります。

 

ただし、すべての住宅の新築、分譲住宅の購入、リホーム工事などにポイントが付与される訳ではありません。

 

では、ポイント付与の対象となる住宅について簡単に説明していきます。

 

ポイント付与の対象になる住宅条件
注文住宅の新築自分で購入して自分で住む場合
新築分譲住宅の購入自分で購入して自分で住む場合
新築分譲住宅の購入(完成済み購入タイプ)自分で購入して自分で住む場合(*1参照)
リオーム(中古購入後リフォームも含む)家の持ち主が工事を発注したリホームの場合

*1:2018年の12月20日までに建築基準法に基づく完了検査の検査済み証が発行されたもの

 

近々、新築したり分譲住宅を購入したり、リフォーム工事をしたいから、対象住宅がどういった性能でなければ行けないかをもっと詳しく知りたい方には、 詳しい詳細が 国土交通省のHP のPDF 2 ページ目にありますのでそちらをご覧下さい。

お得に対象家電をGETする方法とは?

2019年より実施が決定した、次世代住宅ポイント制度では、お得に対象家電をGET出来るチャンスが眠っています。

 

新しく家を建てたり、リフォームをするとそれに付随してキッチンやお風呂などが新しくなります。

 

そのキッチンや風呂に付いている家電設備製品、エコ住宅設備に対してポイントが付与されるんです。

 

それでは、ポイントが付与される家電設備商品、エコ住宅設備を下記の項目でポイント数と一緒に紹介していきます。

 

対象の家電設備商品とポイント数

  • ビルトイン食器乾燥機・・・・・18,000ポイント
  • 掃除しやすいレンジフード・・・9,000ポイント
  • ビルトイン自動調理対応コンロ・12,000ポイント
  • 浴室換気扇・・・・・・・・・・18,000ポイント
  • 掃除しやすいトイレ・・・・・・18,000ポイント
  • 宅配ボックス・・・・・・・・・10,000ポイント

 

対象のエコ住宅設備とポイント数

  • 太陽熱利用システム・・・24,000ポイント
  • 節水型トイレ・・・・・・16,000ポイント
  • 高断熱浴槽・・・・・・・24,000ポイント
  • 高効率給湯器・・・・・・24,000ポイント
  • 節湯水栓・・・・・・・・4,000ポイント

 

ポイントが付与される家電設備商品、エコ住宅設備についてもっと詳しく知りたい方は 国土交通省のHP のPDF 5~8 ページ目にありますのでそちらをご覧下さい。

 

家電設備商品、エコ住宅設備以外にも、ポイントは付与されるされます。

例えば、外壁の改修やバリアフリーなどの改修です。
これに関しては、工事を依頼する業者さんと見積もり段階で、きちんと打ち合わせを行って下さい。後から対象にならなかったという事例もあるかもしれません。

 

この次世代住宅ポイント制度は、業者から見ると結構面倒くさい制度です。
これを申請したからといっても業者がお金をもらえる物でもありません。
書類作成代の名目で請求が上がるときもありますが!

 

ということは!

 

知識がないとごまかされる可能性もあると言うことです。

特に訪問販売の会社でリフォームを行う場合は気をつけて下さい。

新築の場合は比較的大丈夫だと思いますが!

 

厳選された優良なリホーム会社を探すならこのサイトがおすすめです。なんと5社も一気に見積もりできます ↓

優良リフォーム会社を 無料で見積もりしてみる

 

今、インターネットという大きな市場が存在します。大きな買物をするときは、まず、無料でいろいろな知識を取り入れて見ましょう。

 

自分の身は自分の知識で守らなければいけないときもあるんです。

 

私は、せっかく政府がこのようなボーナス的な制度を作ってくれたので余すことなく消費者の方には使って頂きたいと思っています。

あと、この記事で分からないこと疑問などがあれば別のサイトもググって調べてみて下さい。

次世代住宅ポイント制度はいつから、いつまで?

次世代住宅ポイント制度は、いつから、いつまでなのか疑問に持つ方も多いと思います。
その疑問に答えます。

 

ズバリ

2019年10月以降の引き渡しであることが条件です。

これ重要です!テストには出ませんが!

 

消費税10%の適用が10月以降なのでしょうがないですよね。

 

では、契約日はいつからなら良いのでしょうか?

新築でも分譲か注文住宅かリフォームかでも変わってきます。

では、簡単に見ていきましょう。

分譲住宅の契約日はいつから、いつまで?

閣議決定日(2018年12月21日)以降で 2020年3月31日 までに契約を行った場合

*もし物件が未完成の場合には、2020年3月31日 までには着工すること

注文住宅・リフォームの契約日はいつからいつまで?

2019年4月 以降 2020年3月までに請負契約及び着工

*詳しい詳細は、施工業者にきちんと確認して下さい。

次世代住宅ポイント制度で最大いくらもらえる?

次世代住宅ポイント制度は、ポイントの上限が新築とリフォームで変わります。

 

では、発行ポイント数の上限を下記で見てみましょう。

 

世帯の属性既存住宅購入の有無1戸あたりの上限ポイント数
若者・子育て世帯既存住宅を購入なおかつリフォームを行う場合*1600,000ポイント
上記以外のリフォーム*2450,000ポイント
その他の世帯安心R住宅を購入なおかつリフォームを行う場合*1450,000ポイント
上記以外のリフォーム*2300,000ポイント

*1 自分で住む事を前提に購入した住宅でなおかつ売買契約締結後の3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結した場合

*2 自分で住む住宅をリフォーム工事する場合

 

注意:あくまでも上限であり、このポイントをすべて受け取るには、それ相当の設備を施さないと行けません!施工業者と打ち合わせをよくして下さい。

もっと詳しく知りたい方は、国土交通省のHPをチェック

 

次世代住宅ポイント制度の概要などもっと詳しく知りたい方は、国土交通省のHPに PDF 32 枚ほどで説明しておりますので、ご覧ください。

この次世代住宅ポイント制度を使いたい方は特に確認をお願いいたします。

 

まとめ

数年前、 省エネ住宅ポイント制度、住宅エコポイント制度 の名称で運用されていた補助金のことを思い出します。

あの時は、かなり戸惑ったイメージでした。

今回は、どうなるのでしょうか?

施工業者の私的には、性能証明書やらいろいろ書類が必要でしたので書き物が結構大変だった記憶があります。

この機会に新築、リフォームをされる方には、この制度をうまく使いポイントをたくさんGETしてほしいと思います。

 

無料でリフォームなどの見積もりを取れるサイトなどもあるので、良ければ私のおすすめを2つ紹介させて頂きます。2つとも無料ですので心配しないで下さい。

 

まず一つ目、◆リショップナビ◆

厳選された優良なリホーム会社を探すならこのサイトがおすすめです。なんと5社も一気に見積もりできます ↓

優良リフォーム会社を 無料で見積もりしてみる

2つ目です。◆LOHASstudio◆

デザインと性能にこだわったリフォームやリノベーション、新築・注文住宅を提供しています。
リフォームデザインコンテストでは、3年連続全国最優秀賞受賞 ↓

あなたの家が雑誌のような空間に。リノベーションならLOHASstudio

 

こんな感じのリホーム新築をしてくれます。↓ ↓

 

 

今、インターネットという大きな市場が存在します。大きな買物をするときは、まず、無料でいろいろな知識を取り入れて知識の武装をしていって下さい。

 

自分の身は自分の知識で守らなければいけないときもあるんです。

 

あなたの大きな買物が素晴らしい物になりますように心から祈っております。
リフォームしてきれいになった風呂やキッチンを見て喜んでいるお客さまの姿が私は好きです。

 

ブログ作成の初期に作成した。下手くそな記事も↓ ↓あります。気が向いたら読んでみて下さい!!もう少しブログの作成に慣れたら記事の追加なども行っていきます。

→ 宅配ボックスが住宅ポイントの対象に?パナソニックがおすすめ

→ 食洗機に住宅ポイントが付く!?パナソニックが独占か?

現役でんきやさんの家電情報ブログでは、日々、街の頼れるでんきやならぬ、ネットの頼れるでんきやさんとして日々ブログの配信も頑張っていきたいと思います。

この製品のこれが知りたいなどありましたらメッセージしてみてください。

リアルでもでんきやをしていますので、暇な日もあるし忙しい日もあります。
すべての質問にお応えできるわけではございませんができる限りお応えできればと思っております。

最後までお付き合いして頂きましてありがとうございました。

コメント