エアコンをつけっぱなしで使いたい!【内部にカビが発生する原因と防止方法】

エアコンをつけっぱなしにするとカビが生えやすい? エアコンの電気代・水漏れ修理などについて

エアコンをよく観察していると吹き出し口や内部のファンなどにたくさんの黒いほこり(カビ)が付いていたりします。

このカビは、エアコンをつけっぱなしで使っていたから付いたのでしょうか?

それともエアコンのつけっぱなしはカビの発生と関係が無いのでしょうか?

 

「結論から言いますと、エアコンをつけっぱなしで使用する事でカビが発生しやすくなります。

 

しかし、カビが発生する仕組みと防止方法を知っていればカビを発生しにくくする事は出来るんです。

この記事で分かることは

  • 内部にカビが発生する原因
  • 3つのカビ防止方法

です。

カビを気にせずに、エアコンをつけっぱなしで使ってもらう為にも「エアコン内部にカビが発生する原因」と「3つのカビ防止方法」を確認してみて下さい。

では、一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

エアコンにカビが発生する3つの原因

エアコンにカビが発生する3つの原因

エアコンにはカビが勝手に生えるもの・・・!!あなたはそんな風に思っていませんか?

確かに勝手にカビは生えて増えていきます。

しかし、エアコンにカビが生えるのには理由(原因)があるんです。

エアコンにカビが生える原因は

  1. 冷房や除湿運転時に室内機のドレンパンなどに溜まる水滴
  2. 冷房や除湿運転時にアルミフィンについた水滴
  3. 冷房運転時のルーバーへの結露水

以上の3つです。

では、なぜ「エアコンの冷房運転や除湿運転をすると水滴が出来るのだろう?」ってあなたは疑問に思いませんか?

それ知っているよって方は、次の項目から見て下さいね。

もし、冷房運転や除湿運転をすると水滴が出来る仕組みを知りたいなって方は、別記事【エアコンの除湿機能って効果あるの?】で詳しく紹介していますので一度見てみて下さい。

エアコンにカビが生えると「冷房運転や暖房運転開始直後」に独特のカビ臭がエアコンの風と共ににおってきます。

あの臭いを嗅ぐと気持ちが滅入ってしまうのは私だけでしょうか?

 

ちなみに、私はカビ臭が消えるまでエアコンの近くから離れています(笑)

 

では、エアコンにカビが生える原因を一緒に見て行きましょう。

冷房運転や除湿運転時「室内機のドレンパンなど」に溜まった水滴が原因でエアコンにカビが生える!

「室内機のドレンパンなど」に溜まった水滴が原因でエアコンにカビが生える!

冷房運転時や除湿運転時、エアコンの室内機の内部にはたくさんの水滴が発生します。

こんな感じ ↓ ↓

除湿できているかの確認方法

引用:ダイキン公式HP

その水は、エアコンの室内機の部品「ドレンパン」に集まり、「ドレンパン」についたホースを通り外に出て行きます。

ドレンパンとは、このような部品です ↓ ↓

図 1

 

ちなみに、ドレンパンに溜まった水はすべてが外に出るのではなく、一定量はドレンパンに残ってしまいます。

 

水が残る・・・!?

感の良いあなたなら気付いたのではないでしょうか?

そうです。ドレンパンに残った水がカビの原因になるんです。

でも、それくらいの水ならすぐに乾いてしまうんじゃないの?って思うかもしれませんよね。

しかし、残念なことにドレンパンに残る水の量は以外に多いんです。
注意:若干の差があるとしても各メーカードレンパンの大きさはそれほど変わりません。

確かに夏場や梅雨時期に冷房や除湿を数日使わなければ乾くかもしれません・・。

しかし、乾くまでの間にカビはきっと大繁殖していますよ!

冷房運転や除湿運転時「熱交換器のアルミフィン」についた水滴が原因でエアコンにカビが生える!

「熱交換器のアルミフィン」についた水滴が原因

冷房運転や除湿運転時にアルミフィンについた空気中の水分が、乾燥するには結構時間がかかります。

ドレンパンに溜まった水が乾くには時間がかかるけど、水滴ぐらいならすぐに乾くんじゃないの・・。って思ってませんか?

エアコンの室内機はカバーで密閉された状態です。

ましてやアルミフィンのすぐ下にあるドレンパン自体にも水が溜まっていますので、エアコンのカバー内の湿気は半端ないです。

「熱交換器のアルミフィン」の水滴は下に落ちますが湿気は下から上がり放題で、ドレンパン、アルミフィン共に冷房時や除湿運転時は乾燥する暇がありません。

このような理由で、「熱交換器のアルミフィン」にカビが生えてしまいます。

「熱交換器のアルミフィン」の湿気は、ドレンパンに残る水が無くなるまでなくなりません。

冷房運転時のルーバーへの結露水

意外に気が付かないのがルーバーの結露によるカビです。

始めに話してきますが、いつもこのルーバーが結露しているわけではありません。

あくまでも、梅雨時期や湿度の多い日に冷房運転や除湿運転をエアコンでした時に限ります。

話は戻りますが、エアコンのルーバーに結露が出来る理由について話していきたいと思います。

冷たい風がダイレクトに当たるルーバー・・・。湿度の多い日の冷房運転時には、ルーバーが結露することは余りありません。

しかし、問題なのは梅雨時期や湿度の多い日の冷房運転や除湿運転時です。

最近の除湿は、冷たい風が出にくいのでそれほど問題はありませんが、冷房運転時が問題です。

湿度の高い日の冷房運転時に眼鏡やサングラスをつけてエアコンの前に立って見て下さい・・・。

注意:眼鏡・サングラスをお持ち出ない方はごめんなさい!

湿度が多いと眼鏡がすぐに結露してしまうと思います。

この現象がエアコンのルーバーにも現れているのです・・。

湿気が多いとルーバーが結露してしまいます。

なぜ結露が起こるのだろう・・・。気になる方は 結露はなぜおこる? と言う旭化成さんの記事が詳しく解説しておりますので一度ご覧になって下さい。

 

機種にもよりますが、最近のルーバーはカビが付きにくいと私は感じております。ルーバープラッチックの質が良くなったのか?この件は一度、メーカーさんに確認してみたいと思います。

 

エアコンをつけっぱなしにするとカビが生えやすい?

エアコンをつけっぱなしにするとカビが生えやすい?

エアコンをつけっぱなしにするとカビが生えやすいのだろうかと言う問いに答えます。

まずは結論からお答えしますと、エアコンを付けっぱなしにするとカビは生えやすくなります。

ただし、冷房運転・除湿運転のみです。

暖房運転は、乾燥しますのでカビは生えません。

注意:エアコンの下に加湿器を置いて暖房運転した場合は除きます。

では、なぜ冷房運転時にエアコンを付けっぱなしにするとカビが生えてくるのでしょうか?

感の良い方ならもう気づいているかもしれませんが、もう一度エアコンの内部にカビが発生する3つの原因を思い出してください。

エアコンの内部にカビが発生する3つの原因は

  1. 冷房や除湿運転時に室内機のドレンパンなどに溜まる水滴
  2. 冷房や除湿運転時にアルミフィンについた水滴
  3. 冷房運転時のルーバーへの結露水

以上の3つでした。

エアコンをつけっぱなしにすると1.2.3の原因をすべて満たしてしまいます。

と言うことは、エアコンをつけっぱなしで使うとカビが生えやすくなると言うことになります。

注意:除湿運転に限ってですが、3は当てはまら無いこともあります。

理由は、今各メーカーが競って除湿の性能を向上させています。

各メーカーの上位機種は寒くならない除湿機能を搭載している場合がありますので、その場合はルーバーが結露しにくいと思います。

エアコンの除湿機能について詳しく説明している記事もあります。

関連記事:エアコンの除湿機能って効果あるの?プロが最適な使い方をご紹介 気になる方はご覧下さい。

エアコンをつけっぱなしで使いたい!【内部のカビを防止する3つの方法】

エアコンをつけっぱなしで使いたいけどカビが生えるのも嫌だ!

そんなわがままな(ーー*あなたに!

エアコン内部のカビの防止策についてご紹介していきます。

エアコンにカビが生える原因は湿気ですので、内部を乾燥させれば問題解決です!

それが意外に難しいんですけどね

 

【エアコンの内部のカビを防止する方法】

  1. 内部クリーン機能を活用する
  2. 使った後エアコンのカバーを開けておく

では詳しく見て行きましょう。

内部クリーン機能を活用する【エアコン内部のカビを防止する方法】

エアコンの内部クリーン機能を使うことがエアコンの内部のカビを防止する一番の方法です。

では、エアコンの内部クリーンとはどんな機能なのでしょうか?

ダイキンさんが詳しく動画で説明してくれていますので見てみましょう。

内部クリーン機能は、メーカーによって呼びかたが変わります。

内部クリーン機能は、メーカーによって呼びかたが変わります。

各メーカーごとの呼び方の一覧です。

メーカーごとの内部クリーンの名称
panasonic内部クリーン・におい除去
DAIKIN内部クリーン・カビないス
日立内部クリーン
三菱電機内部クリーン・内部乾燥
三菱重工内部クリーン
シャープ内部洗浄
富士通ゼネラル自動内部クリーン・内部乾燥・プラズマパワークリーン・自動UV内部クリーン

内部クリーン機能がついていない機種での代替え方法

少し古いエアコンで内部クリーン機能がついていない場合は、送風運転をして下さい。

送風ボタンもない機種もあるかと思います。

その時は、冷房運転の設定を高めにして運転してあげると送風運転見たいになります。

ただし、このような少し古い機種のエアコンで送風運転を行うとかび臭い臭いがすると思います。

この臭いの原因はすでに出来ているカビの臭いです。

内部クリーンの機能はカビの予防です。

すでに発生しているカビについては、取り除くことが出来ませんので、エアコン掃除をしてカビをきれいに除去して下さい。

エアコンの掃除については、関連記事:エアコン掃除の料金相場を徹底比較【プロが選んだおすすめ業者】をご覧下さい。

エアコン掃除の料金やおすすめ業者を紹介しています。

エアコンのカバーを開けておく

エアコンのカバーを開けておく

エアコンのカバーを上げておくのもエアコン内部から湿気を追い出す良い方法です。

エアコンのカバーがあることで、エアコンの内部が密閉されてジメジメしています。

しかし、全面のカバーを開いておくだけで湿気はすこし逃げていきます。

内部クリーンには、かないませんがエアコン内部の湿気をすこしでも減らしたい場合は有効な手段だと思います。

注意:エアコンの全面カバーには開きにくい機種があります。それに全面カバーは堅くて折れやすい機種などもありますので、自己責任でよろしくお願いいたします。くれぐれも無理をしないで下さい。

エアコンを掃除してカビの除去をしよう!

エアコンを掃除してカビの除去をしよう!

エアコンをつけっぱなしで使いたい場合は、どうしてもカビは付き物です。

エアコン購入してから予防をしない限り、途中でこの記事をみてカビの予防をしたところで付いてしまったカビは落ちません。

さらにカビが増殖しないためにも、一度エアコン掃除をしてリセットしてみましょう!

エアコンの掃除については、関連記事:エアコン掃除の料金相場を徹底比較【プロが選んだおすすめ業者】をご覧下さい。

エアコン掃除の料金やおすすめ業者を紹介しています。

カビの予防も大事ですが、先に今付いたカビを除去することが大事だと思います。

エアコンをつけっぱなしで使っている時に起こるトラブル

エアコンを付けっぱなしにすると言うことは、エアコンを使う時間が長くなります。

エアコンのトラブルは、どうしても使用時間に比例して多くなります。

この項目では、エアコンをつけっぱなしでいるとおこりやすいトラブルを紹介していきます。

起こりやすいエアコンのトラブルは

  • エアコンからの水漏れ
  • エアコンが効かない
  • エアコンから変な音が聞こえてくる

上記の3点です。

すべてを書いてしまうと長い記事になってしまいますので、それぞれ別記事でご紹介していきますので、気になる項目をご覧下さいね。

別記事
エアコンからの水漏れに関してエアコンから水漏れする原因とメーカー修理代の目安
エアコンが効かないに関してエアコンの暖房が効かない
エアコンから変な音が聞こえてくるエアコンから変な音が聞こえてくる

では、最後までご覧いただきましてありがとうございました。

参考になったよって方は励みになりますのでシェアーまたはフォローをよろしくお願いいたします。

コメント