エアコンの電気代節約方法を知りたい!使い方次第で省エネになる!

エアコン
このサイトの管理人
現役のでんきや店員 ユキ

ドラム式洗濯機をこよなく愛す現役のでんきや/技術資格:デジタルマイスター・第2種電気工事士・石油機器技術管理士などなど/得意な料理はビストロで作るパスタ/娘に甘い1児の父

現役のでんきや店員 ユキをフォローする

エアコンの電気代ってばかになりませんよね。
最近のエアコンは、以前の商品に比べて電気代は安くはなりました。
しかし、使い方次第ではもっと電気代が節約できお得になります

この記事では、エアコンの使い方(暖房時、冷房時の温度設定など)で電気代が節約できちゃう方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

エアコンの電気代節約方法を知りたい!使い方次第でお得な情報

私は、現役のでんきやで趣味でブログ作成をしております。
街のでんきやさんならぬネットのでんきやさんをめざしてお役に立てる記事の作成を
心がけます。

 

以下の項目で紹介していきます。

 

  • エアコンの電気代節約方法をご紹介
  • 使い方次第で省エネになる話

 

では、順番に紹介していきます。

エアコンの電気代節約方法をご紹介

エアコンの電気代節約方法についてです。

 

気になる項目をご覧下さい

 

  • エアーフィルターのお掃除
  • サーキュレーターとの併用
  • 室外機の裏側の掃除
  • 室外機の前に物を置かない

 

エアーフィルターのお掃除

エアーフィルターにほこりがたまっていると空気の吸い込みが悪くなりエアコンの吹き出し口から
出る風の量が減ります

 

必然的になかなか冷えない暖まらないという症状になってしまいますので、フィルターのお掃除はこまめにしましょう。

 

あと、全面のグリルに市販のフィルターをテープなどで取り付けている家庭があります。

 

これはかなり残念です。

確かにフィルター掃除の手間が省けますが、電気代が上がるのと暖房・冷房能力が下がります。

 

しかし、手間をお金で買ったと言う認識であればOKではないでしょうか!

 

ただし冷えが鈍くなった、暖まらなくなったと感じる場合は、外した方がいいです。

サーキュレーターとの併用

エアコンの暖房運転をしていると、風向ルーバーを下にしていても部屋の間取り次第で、だんだん顔のあたりが暖かくなり、足下は冷たいという現象がおきてしまいます。

 

暖かい空気が部屋の上の方にたまりだすと、冷たい空気を
下に押しやってしまうからです。

 

そうなるとなかなか部屋の下の方は暖まりません。

 

ここで便利が良いのはサーキュレーターです。

サーキュレーターを使うと部屋の温度を均一に出来ます。

 

では、このサーキュレーターをどのように使うか簡単に説明したいと思います。

 

まず、サーキュレーターを天井に向けて風を送ってあげて下さい

そうすると部屋の天井に溜まった、暖かい空気が下に流れてきますので、必然的に下の方も暖かくなってきます。

 

すぐに部屋が暖まれば温度を下げたりも出来ますので省エネ間違いないです。

まだ、詳しくサーキュレーターの良さを知りたい方は、こちらのリンクからご覧下さい。

室外機の裏側の掃除

室外機の裏側の掃除をすること!!

 

これは意外にノーマークです。

 

室外機の近くで犬を飼っていませんか?

 

最近は、部屋で飼っている方も多いですが、庭や玄関の横などでわんちゃんを飼われている家庭も多いと思います。

 

最近、エアコンの冷えや暖まりが悪いと言われてお客様のお宅に行く機会がありました。

 

訪問して、確認すると確かになんとなく能力落ちてます。

 

室外機を確認していたところ、室外機の裏のアルミフィンに犬の毛がびっしり付いていたのでびっくりしました。

 

それもそのはず、わんちゃんの家がその横にあったのです。

 

エアコンの能力を落としていた原因は、アルミフィンに付いていた犬の毛をだったんです。

その後、アルミフィンに付いていた犬の毛を除去して、その旨をお客様に説明し無事に修理完了いたしました。

 

この時は、わんちゃんの毛でしたが、室外機自体目立たない場所に置かれる方が多いので、室外機の周りに家庭ゴミを室外機の上に置いたり、室外機の前に置いたりと室外機の熱交換を妨げる原因を自分で作っているというパターンが結構多いです。

 

室外機の裏がゴミやほこり、枯れ葉の吹きだまりになってしまっている家庭も多く見かけます。

 

室外機自体が熱交換をすることが出来ない状態になってしまうと、かなり電気代がかかりますので、電気代節約の為にも一度確認して見て下さい。

 

びっくりするかもしれません!

 

あと、注意点です

アルミフィンは、柔いのですぐに曲がってしまいます
室外機の裏を掃除するときは、気をつけて下さい。
手のひらサイズのホウキで軽く上から下になぞってあげるときれいに取れます。

室外機の前に物を置かない

あと電気を食う原因で多いのが室外機の前に大きな鉢やホウキなどをおいて室外機の風を塞いでいるパターンです。

皆さんそれぐらいいいやんといいますが、これはかなりもったいないです。

 

電気をくいます!

 

室外機の前に物を置いた時と置かない時とでは、設定温度になる時間が倍かかり、いつまでたっても設定温度に届かないという状態にもなる場合があります。

使い方次第で節電出来るお得な情報

使い方次第で省エネになる話についてです。

 

気になる項目をご覧下さい

 

  • 風向ルーバーの位置で節電
  • 温度設定を気をつけて節電
  • 運転開始時の設定温度を変えて節電

 

風向ルーバーの位置で節電

風向ルーバーの重要性!

 

風向ルーバーは、暖房運転時は下向きに、冷房運転時は上向きにして下さい。

これだけで、エアコンがよく効きます。

 

なぜかと言いますと!

 

暖かい空気は上に上がり、冷たい空気は下に落ちていくからです。

詳細についてはは、サーキュレーターとの併用の項目で説明しておりますので見てなかったという方は一度確認してみてください。

 

風向ルーバーの重要性が分かって頂けると思います。

 

ここからは私がお客様のお宅でよく見る事例  あるある事例 です。

 

エアコンの点検でお客様のお宅にお伺いしました。

点検していると、暖房運転時の風向ルーバー位置が真ん中になってます!!(風向ルーバーの自動設定が付いていない機種が特に多いです)

 

気になってお客様に聞いてみると、真ん中設定にしたまま変更するのが面倒だった、もしくは忘れていたという答えがよく返ってきます。

 

とりあえず、自動がある場合は自動に!手動しかない機種の場合は、方向を説明して暖房時は下に向け直すのですが!

これって意識していないと又繰り返しそうです。

 

電気代上がるし、暖まりませんよって説明はするのですが、仕方ないですね。

 

ただ、この記事を見て頂いている方は、節電の意識の高い方だと思いますので、当てはまる方は、エアコンチェックして見て下さい。

 

電気代も下がるし、エアコンの能力も向上します。

温度設定に気をつける

設定温度を適当にしていませんか?
実は、部屋にあった設定温度でエアコンを使うことが一番の節電になります。
では、へやにあった設定温度とはどういうことでしょうか?

 

これについては 別記事作成中です。(エアコンの運転の設定温度は?電気代の節約術)

 

 

運転開始時の設定温度を変えて節電する(この項目は持論ですので気になる方だけ見て下さい。)

運転開始時の設定温度は何度ぐらいにされますか?

 

大概、23~26度くらいと言われる方(お客様に尋ねた時)が多い印象です。

 

確かに、最近テレビやいろいろな情報では、それぐらいの温度が省エネだと言われています。

 

ちなみに環境省が推進している暖房時の設定温度は20度、冷房時は28度だそうです。

 

 

しかし、私は、少し疑問です。

 

とても寒い日、暑い日に23度.26度ぐらいに設定してもなかなか暖まらないし冷えません!

 

なおかつその設定温度になるまでは、エアコンがフル回転して室内をその設定温度にしようとしています。

 

とても無駄に感じます!!

 

今のエアコンはインバーターという節電の部品が付いていますので、早く決めた設定温度になった方が私は良いと思ってます。

 

なぜ私が、早く決めた設定温度になった方が、良いと思っているかの理由を例を用いて説明をして見たいと思います。

私どちらかと言いますと、文章を書いたり読んだりするのが苦手な方です。
意味分からないよって思われた方は、さらっと流してもらえたらうれしいですw

 

しかし、少しでも言いたいことをイメージしてもらえればうれしいです。

 

6畳の部屋を運転開始時の設定温度26度で、26度にした場合 と 30度設定で、ある程度暖めてから26度に設定温度を下げた場合の電気代の変化のイメージ

 

 

6畳の部屋を運転開始時の設定温度26度で26度に変更した場合

26度設定の場合、26度になるために30分ぐらい(勝手な分数です)エアコンが80%(勝手にパーセンテージ付けてます)の力で回転します。
設定温度になり次第、設定温度の26度を保つようにエアコンは自動的に運転していきます。

 

運転開始時の設定温度30度で、ある程度暖めてから26度に設定温度を変更した場合

30度設定の場合は、26度になるために15分ぐらい(勝手な分数です)のフル回転で26度以上にしてくれます。
設定温度になり次第、設定温度の26度を保つようにエアコンは自動的に運転していきます。

 

何が言いたいかと言いますと!

早い時点で設定温度に達すると、後は、惰力運転ができますので省エネになるのではないかと考えております。

 

なんとなくイメージできましたか?

・・・・・・・!!

 

これを踏まえた上で!

省エネになるエアコン開始時の設定温度についての私の持論は下記です!!

 

エアコン運転開始時の設定温度について

冬場の寒い日は、30度 夏の暑い日は 16度 にして、ある程度快適な温度に部屋がなったと思える時点で温度の設定を23度から26度に下げたり上げたりしたら良いと思います。

 

簡単ですが以上です。

 

*暖房、冷房運転時の勝手なイメージです。
20年でんきややってきて、なんとなくそうなのではないかと、思っていることを記事にしましたので確証は出来ませんが、次回の記事では、電気代を計測出来たらと思ってます。

まとめ:エアコンの電気代節約方法

今回の記事は、エアコンの電気代の節約方法に焦点を当てていきました。
これ以外にも、省エネの方法はたくさんあります。

 

メーカーサービスにも、エアコンの節約術が他にもないか聞きながらこれからも皆様に役に立つ様に励んでいきますので、よろしければ応援して下さい。

 

この記事自体も、都度都度見直し完成させていきたいと思っております。

今回は、最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

コメント