【高級ドライヤーを比較】パナソニックのナノケアとダイソンのsupersonicはどこが違う?

  • パナソニックのナノケアとダイソンのsupersonicのドライヤーどこがどう違うの?
  • 髪がまとまりつやつやになる高級ドライヤーが欲しい!
  • 髪の量が多いから早く乾くドライヤーはどれ?

今人気の高級ドライヤー「パナソニックナノケア・ダイソンsupersonic」どちらを購入するのか、悩んでいる方はとても多いです。

そこで今回は、パナソニックのナノケアとダイソンのsupersonicに焦点をあて、2社の目玉商品である高級ドライヤーの違いを徹底比較しながら、どのような方におすすめできるのかもご紹介していきたいと思います。

さっそくですが目的別「結論

  • 髪をつやつやにしたい、まとまりのある髪にしたいと考えている方には「パナソニックのナノケア」
  • とにかく早く髪を乾かしたい、インスタ映えするかっこいいドライヤーが欲しい方には「ダイソンのsupersonic」

この結論に至った理由については、本記事内で紹介して行きたいと思います。

 

では、詳細をご覧下さい。

「高級ドライヤー」パナソニックのナノケア・ダイソンを比較

比較するドライヤーのご紹介

パナソニック ヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA0B

ダイソン スーパーソニック イオニック


ダイソンの公式サイトはこちら↓↓


 

パナソニックナノケアドライヤーの特長を調査

【パナソニックナノケアドライヤーの特長】

ナノケアシリーズ初の高浸透「ナノイー」を搭載し、自分で何度も髪を撫でたくなる位につやつやでしかもしっとり、美容師さんにも褒められるまとまった髪を実現可能なドライヤー

 

製品名ナノケア EH-NA0B
サイズ高さ22.8×幅21.4×奥行×9.2cm
重量約575g
消費電力1200W
電源・電源方式AC100V 50-60Hz・交流式
電源コード長さ約1.7m
風量1.3㎥/分(ターボ時)

 

詳細記事≫パナソニックのナノケアドライヤーEHーNA0Bの口コミ

 

ダイソンのドライヤーの特長を調査

【ダイソンのドライヤーの特長】

熱で乾かすのではなく、パワフルな風を発生させ圧倒的な風量で髪を乾かし、髪へのダメージを抑える機能搭載、髪の健康を維持させること出来るドライヤー

 

製品名ダイソン
サイズ高さ24.5×幅78×奥行×7.8cm
重量約697g(セットノズル含まず)
消費電力1200W
電源・電源方式AC100V 50-60Hz・交流式
電源コード長さ1.9m
風量2.4 m³/分

 

【パナソニック・ダイソン】早く乾くのはどちらか比較

髪を早く乾かしたい!

このニーズに答えてくれるドライヤーは、パナのナノケアなのか?それともダイソンのドライヤーなのかを風量で比較して調査していきます。

まずは、ナノケア・ダイソンの風量を比較したのでご覧ください。

ナノケア・ダイソンの風量を比較

製品名風量
ナノケア1.3㎥/分(ターボ時)
ダイソン3.0m³/分(ジェントルエアーリング装着時)

 

風量を比較した結果

風量に関して言えば、圧倒的にダイソンが勝っています。

最大風量が大きいということは、髪をすぐに乾かせるということになりますので、早く髪を乾かしたいというのであれば、ダイソンのドライヤーがおすすめです。

髪を早く乾かしたい方はダイソンのドライヤー↓ ↓


ダイソンの公式サイトはこちら↓↓


 

髪をつやつやにしてくれるのはどちら?ダイソン?パナソニック?

髪をつやつやに指通りの良い髪にしたい

このニーズに答えてくれるドライヤーは、パナのナノケアなのか?それともダイソンのドライヤーなのか?つやつやになる秘密を調査していきます。

とりあえず調査結果を先にご報告

髪をつやつやにしてくれるドライヤーは「パナソニックのナノケア」です。

その理由について下記で紹介しておりますのでご覧下さい。

 

ナノケア・ダイソンつやつやになる秘密を比較

製品名つやつやになる秘密
ナノケア高浸透ナノイーで潤い閉じ込めつややかに
ダイソンマイナスイオンで髪をつややかに

 

高浸透ナノイーとマイナスイオンの違い

高浸透ナノイーとマイナスイオンの違いってなに?

つやつやになる秘密で紹介した「ナノイーとマイナスイオン」の違いを簡単に紹介します。

 

マイナスイオンとナノイーの違い

マイナスイオン・ナノイー

引用:パナソニック

 

ナノイーとマイナスイオンの特徴

  • ナノイーは、パサついた髪にたっぷりの水分を与えてキューティクルを引き締め、髪をつやつやにしてくれます。
  • マイナスイオンは髪の表面に水分を付着させますが、ナノイーは髪の内部に水分を浸透させしっとりとした髪にしてくれます。

 

高浸透ナノイーとナノイーの違い

高浸透ナノイー違い

引用:パナソニック

 

高浸透「ナノイー」の特徴

  • 使い続けることで、髪がなめらかになる
  • 水分が髪の内部に浸透しつやつやになる

 

つやつやになるドライヤーの結果

髪がつやつやになるのは、パナソニックのドライヤーです。

決め手は、もちろん高浸透ナノイー!

髪の内部に水分を浸透させてくれますので、うねりのある髪でもまっすぐにする事ができます。

「自分の髪を何度も撫でたくなるような、つやつやでしっとり毛先までストン」を実現できるドライヤーは、パナソニックのナノケア ↓ ↓

 

使いやすさや収納面を比較

使い勝手の良さや収納に関して比較していきましょう。

重量使いやすさ(取り回し)収納面
パナソニック約575g普通のドライヤーと形は変わらず、本体ヘッド部分が大きい為、頭頂部などを乾かす時には重さを感じる。本体を折りたためる為に収納スペースを取らない。
ダイソン約697g(セットノズル含まず)普通のドライヤーとは、形が異なりヘッド部分が小さい為、取り回ししやすい。本体を折りたためない、アタッチメントが複数ある事で、収納スペースがパナソニックの倍必要になる。

 

パナソニックの使いやすさ

ナノケア使いやすさ

ダイソンの使いやすさ

ダイソンの使いやすさ

パナソニックの収納面

 

この投稿をInstagramで見る

 

🧺🧺🧺 #パナソニックビューティ #パナソニックビューティ美容部 #美容家電 #PR #パナソニックビューティ社外美容部 #8冠達成やっぱりナノケア #美的ベスコス #VOCEベスコス #マキアベスコス #ドライヤー #ナノケア #ベスコス #ベスコスドライヤー @panasonic_beauty ・ ・ ・ 使い続けてる我が家の #ヘアードライヤーナノケア 🙋‍♀️ ・ とにかく乾くのが早いのが嬉しい💛 ・ ダメージヘアだけど ドライヤーの直後から ひどかったパサつきが落ち着いて 潤いもプラスされたような😌💭 ・ 毎日使うものだし ちゃんとしたものを 使い始めたら髪質もいい感じ👧✨ ・ 先日発表された2019ベスコスで 美的・VOCE・MAQUIAその他含め8冠を受賞していて 世の中的にも評価されている間違いない商品👏 ・ これからもしっかり使い続けていこーっと💛

長谷川あや🙃(@ayasuke_0516)がシェアした投稿 –

ダイソンの収納面

 

独自機能を比較

ナノケアとダイソンの独自機能の違いが知りたいな。

ダイソンとパナソニックのドライヤーには、他社にはまね出来ない独自の機能がついております。

その独自機能をチェックましょう。

製品名独自機能
ナノケア高浸透ナノイー
・パナソニックは「ナノイー」を使いケアまでできるドライヤーを2005年に誕生させ、2020年さらに従来比18倍の高浸透ナノイーを搭載・ダブルミネラルと合わせることで、紫外線の影響や枝毛の発生率を抑制できる
ダイソンアタッチメント
・ダイソンは毛根研究所で髪質や仕上がりに合わせたアタッチメントを研究し独自に設計・手ぐし、ブラシブロー、カールやパーマヘア、細い髪やデリケートな頭皮などに合わせたアタッチメントを用意して様々なニーズに対応できる

独自の機能を比較すると様々なことがわかります。

まずは

髪のケアも同時に行いたいなって方には、パナソニックのナノケアがおすすめ

パナソニック ヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA0B

 

とにかく髪を早く乾かしたい・仕上がり重視の方には、ダイソンがおすすめ

ダイソン スーパーソニック イオニック


ダイソンの公式サイトはこちら↓↓


 

パナソニック・ダイソン説明書ダウンロード

パナソニック・ダイソンのドライヤーの説明書を確認したい方は以下でダウンロードできます。

使い方や付属品その他の使用をもっと詳しく知らい方はダウンロードしてみてください。

パナソニック ↓↓

ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B

ダイソン ↓↓

ダイソンドライヤー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました