5Gと4Gで速度が違う?アップルの2020年問題は致命傷?

IT・テクノロジー情報

日本では、2020年にスマホ(携帯電話)などの通信機器の新しいモバイル通信規格 5Gの運用開始の予定をしているみたいです。

しかし、5Gって何なの?いつからスマホに対応するの?って方が多いと思います。

このページでは、5Gについての疑問と現在の4G回線の違い、アップル(iPhone)の2020年問題について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

通信規格5G、4Gの違い!ニュースで目にするアップルの2020年問題について?

以下の4項目で伝えていきます。

  • 通信規格 5Gって何?
  • 通信規格 4Gから5Gとの差は何だろう?
  • IoT (Internet of Things)どんな世界?
  • 2020年のアップル(iphone)問題は深刻なのか?
  • まとめ

 

通信規格 5G回線って何?

  • 「5G回線」とは、世界中で今最も注目を浴びており、実用化に向けて開発が進んでいる未来のモバイル通信規格です。

クアルコムというアメリカの通信技術や半導体の設計開発を行っている企業は、5Gのことを発明のプラットホームとも呼んでいいるぐらいです。

確かにこの5Gという技術が確立されれば新しい技術と技術が繋がりやすくなると思います。コネクションというのですかね!?

では、次の項目で通信規格 4Gから5Gとの差を考えていきましょう。

通信規格 4Gから5Gとの差は何だろう?通信速度?

余談ですが、4Gとか 5GのGという文字気になりませんか?

軽く流しそうな所ではありますが私は気になりました。

このGは、世代という意味を持っていて5Gとは、第5世代の回線ということみたいです!!

では、その第5世代の実力とは?

よく聞く話では、4G回線の約20倍の速い速度で通信できると言うことです。メールが早く届いたり、動画がスムーズに見れたりダウンロードが早くなったりとかかな?

私はそんな違いだけで、4Gより高くなるのではないかという5G対応のデバイスやサービスプランはぶっちゃけいりません。

しかし、5G回線が普及し実用化され出すと、先ほどの項目で話したように、新しい技術とのコネクションが始まります。

コネクションが始まると同時多接続が増えてきます。
これまでの4Gの通信技術では、『接続数が増えると通信速度が落ちてしまう』
というデメリットがあったんですが、5G回線の使用により

インターネットを通じて家電、自動車などさまざまな物がつながる 世界  IoT (Internet of Things) の実現が可能となってくるんです。

では、インターネットを通じてつながる世界とはどういうことなんでしょうか?

IoT (Internet of Things)とは、どんな世界?

LOTとは、第4次産業革命とも言われています。

家電で LOT といえば、冷蔵庫ではないでしょうか?

スーパーで買い物中、これ作ろうと思った時冷蔵庫の中にある食材を覚えていないことってありませんか?そんな時 LOT で冷蔵庫がつながっていれば、スマートフォンで作りたい料理を冷蔵庫に送信します。冷蔵庫の中身を冷蔵庫自体が把握して料理に足らない食材をメールで教えてくれたりします。

他にもスマートフォンから玄関のドアの解錠・施錠を行うようなシステムもあります。
また、登録者がドアに近づけば自動で鍵を開けて、離れれば鍵を自動で閉めるというようなオート開閉が実現できます。防犯隊対策にもなりますし、このシステムを使えば鍵のかけ忘れに悩むこともなくなりますね。

他にも、LOTで実現できる未来を語ればきりがないのでこの話はまた別の機会にしたいと思います。

2020年のアップル(iphone)問題は深刻なのか?

2018年10月から今も進行中の米国株のナスダックの暴落
その中には、アップル株も含まれています。

そんなアップルは、今5G回線の対応において他の通信キャリアより大幅に遅れているとのことです。

株価暴落のせい?

なんて思う節もありましたが、調べていくと違いました。

他の通信会社は、2020年には、5G回線の対応を予定しているらしいのですが、
アップルの5G回線対応は、早くても2020年の後半になるらしいです。

では、なぜ、遅れているのでしょうか!

5G回線はこれからのモバイル業界を一変させる技術です。
その技術の特許を持つ会社は、クアルコム、ノキア、エリクソンの3社になります

アップルのiphoneは、インテルの通信モデムを使用しており、

そのインテルは、5G回線のモデム開発において、クアルコムなどに大きく差を付けられています。

その結果、アップルのiphoneに5G回線が搭載されるのが2020年の後半以降ではということらしいです。

それだけではなく、5Gの端末に対応するためには一台あたりに、約21ドルほどの追加のコストが必要とのこと!

アンドロイドであれば比較的値段が安いので、価格を上げてもさほど影響はないとおもいますが、最近のアップル製品はすでに高すぎる印象です。

どのような判断を今後アップルがしていくのかわかりませんが、
以前のような勢いが現時点でも感じられないのは確かです。

2020年の対応が遅れなおかつ他のキャリアとの金額も生じるというダブルパンチをどう乗り越えていくのか?

これからのアップルの動きに注目していきたいとおもいます。

まとめ

これから東京オリンピックに向け、開発が進められている4K・8K放送や自動車の自動運転技術!

これらの技術にも、5G回線が必ず必要不可欠になります。

特に自動車業界の自動運転システムが一番に恩恵を受けるのではないでしょうか?

新しい時代の幕開けをタイムリーに感じられることを私は素晴らしいことだと思います。

これからが次世代社会の始まりです。

どのような価値が作られていくのか?

これからもさまざまな技術、価値あるものを紹介して行けたらと思います。

では、お付き合い頂きましてありがとうございました。

コメント